さくら美容形成クリニック

魅力的な女性になるためのお手伝い

お知らせ

脱毛レーザーのライトシェア デュエットを導入しました。

・脱毛(ライトシェアデュエット)

メディオスタレーザーに加えて追加した脱毛レーザーです。ルミナス社のダイオードレーザーで、アメリカのFDA認可、メディオスタと同じく厚労省の薬事承認も受けています。酸化ヘモグロビンとの吸収格差が最大で黒色メラニン色素の吸収が良い805nmの波長を持ち、励起装置が電流なので非常にコンパクトで運搬しやすいレーザーです。
標的部は、毛の毛根と、毛根のやや上にある外毛根鞘にある毛幹細胞のメラニン色素です。ここへレーザー光の光エネルギーが集まり熱エネルギーとなって、毛根、毛幹細胞を焼き、毛が再生しないよう脱毛します。ハンドピースは2種類あり、サファイアチップがついたETハンドピースと吸引型のHSハンドピースです。

ETハンドピースは、皮膚の温度上昇を軽減するように5℃に冷却されたサファイアチップが装備され、細部の施術向きです。
吸引型HSハンドピースは、面積の広いエリアで使用し、吸引により毛根を上に押し上げて効率良く脱毛でき、吸引による圧力の感知で、疼痛神経の伝達が遮断され、痛みが感じにくくなりスピーディに脱毛ができるしくみになっています。

毛周期は一般的に1ヶ月半と言われていますが、体の部位によっても異なり、毛の休止期も6ヶ月に及ぶものもありますので、最低でも5回以上の施術が必要になることが多いです。また、レーザー脱毛が進んでゆくにつれて毛も細く、毛周期長くなってきますので、生えそろったら来ていただくと効率的な脱毛が可能です。また、当院ではライトシェアを扱うにいたり、認定テスト終了済みの証明書も交付されています。安心して施術をお受けいただきたいと思います。

ライトシェアデュエット