さくら美容形成クリニック

魅力的な女性になるためのお手伝い

目・鼻・輪郭・他
・二重(ふたえ)施術のご紹介
350_me
・施術方法:埋没法
小さな穴をあけ糸を通す方法です。切りたくない方、奥二重希望の方が適しています。

3年保証付き!

・マイクロカット法
脂肪を取り除き、埋没法と組み合わせます。切らずにすっきりさせる方法です。
・脱脂法
脂肪が多く腫れぼったい方に最適。スッキリした瞼になります。一重にも適応します。
350_me
・切開法
切って縫う方法。たるみを取ったりパッチリさせたり、希望に合わせて二重を作ります。
切って縫うので抜糸(5~7日)が必要になります。
・上まぶたたるみ取り
まぶたの脂肪が多い場合に、瞼板前組織、眼窩脂肪の切除を行いすっきりした二重にする方法です。部分切開法よりは、切開線が長くなります。
加齢による上瞼のたるみを取る場合もあります。
局部麻酔で1時間から1時間半要し、抜糸は5-7日目で、以降は化粧可能です。内出血は1週間位、大きな腫れは1週間、小さなむくみは1か月位で少しずつひいてゆきます。内部組織のむくみが落ち着くのに大体3か月と言われています。
・眼瞼下垂
まぶたの開きがわるく眠そうな目の方。生まれつきの方から加齢とともになる方、医原的なものまで理由はさまざまです。挙筋短縮や挙筋前転、筋膜移植など高度な技術が必要です。
315_me_4
・挙筋短縮法・挙筋前転法
いずれも黒目がかぶさり眠そうに見える眼瞼下垂に対して行う方法です。局部麻酔下で切開法で行い、まぶたを上げる眼瞼挙筋を、軽度の場合は、前転させて固定したり、重度の場合は上眼瞼挙筋の表面、裏面ともはがし、術中に開瞼の度合いを見ながら短縮します。経験を要する難易度の高い手術になります。時間は1時間半から2時間位で、腫れの程度は切開法に準じます。手術のシェーマを横に示します。最近は裏面の結膜の切開はせず、瞼板との連続性を保たせたまま行っておりますので、術後の違和感もほとんどありません。

315_me_5
・目頭切開
目と目が離れて見える方。目が大きくきりっとした印象になります。
目頭のひだを切除して平行型の二重を作ったり、目を切れ長に見せるようにする方法です。色々な方法がありますが、ひだの開きを調節でき、傷跡も目立ちにくい内田法で、主に行うことが多いです。局部麻酔で、約1時間の手術で、7日目に抜糸。その後化粧可能で、1か月位は、傷跡が素顔でいるとピンク色に見えることもありますが、3か月位でほとんど目立たなくなります。
・目尻切開
たれ目にしたい方。きつい目の印象から優しい印象へ
目尻を切開して切れ長にする方法です。結膜側の余裕があまりないことが多いので、多少の改善となりますが、希望される方は多いです。術後経過は、目頭切開に準じます。
・まぶたのたるみ施術のご紹介
・上まぶたのたるみ取り
加齢とともに下がってきた重いまぶたのたるんだ皮膚を取り除きます。元のすっきりした二重を取り戻せます。
315_me_6
・下まぶたのたるみ取り
老化でたるんだ目の下の皮膚をきれいにお取りします。疲れた印象がなくなります。
下瞼のたるみが強い場合は、下まつげの際より、局部麻酔でたるんだ皮膚の切除を行い、眼窩脂肪も適度に切除し、皮下のたるんだ眼輪筋を骨膜に固定してハリを持たせる方法です。術後数日間はテープ固定を行う場合もあります。抜糸は1週間、個人差はありますが、内出血、大きな腫れは1週間程度で、小さなむくみは1か月ほどで落ちつきます。下瞼の切開線はほとんど目立たなくなります。
・下眼瞼結膜側脱脂
下瞼のたるみが軽度の場合、局部麻酔下で結膜側から眼窩脂肪を切除して、たるみを改善しすっきりした目元にする方法です。1時間くらいの手術です。
結膜は溶ける糸で縫いますが、皮膚には全く傷跡は残らず、術後は安静にして頂くと、腫れ、内出血も軽度です。結膜が充血する場合は点眼薬をお渡しします。
・りんかく形成施術のご紹介
・えらけずり
全身麻酔下で、口内法で、サジタル法で、えらの部分を削り落とします。奥深い部位なので、丁寧にゆっくり行います。時間は3時間位です。
・あごけずり(中抜き法)
咬合異常がない場合、全身麻酔で、口腔内切開でおとがい神経の数ミリ下の骨を切除し、あごの長さを改善します。
・ほほ骨削り
全身麻酔下に、口腔内、もみあげ付近の2か所を切開し、ほほ骨を骨切りし
突出部を削り突出部を改善します。
りんかくの手術は、入院が必要になることが多いです。
内出血は1週間程度、腫れは1か月位で少しずつ引いてゆきます。
・エラボトックス
咬筋に打つと、えらの部分の厚みが改善され、輪郭を整えることが出来ます。咬筋以外に咀嚼筋肉は3種類あるので、何度か注入すると後戻りしにくくなってゆくようです。
・お顔の「しわ」の施術のご紹介
・ヒアルロン酸
しわによりできたくぼみにヒアルロン酸を注入し、皮膚をもちあげてしわを目立たなくする方法です。ヒアルロン酸は、3か月で体内で代謝され分解されてゆきますので、追加注入が必要になります。目の周りなど皮膚の薄い部位は、内出血が出やすく、その場合は7日位で消退します。法令部、下眼瞼部、みけん等の注入が多いです。
・脂肪注入
ヒアルロン酸の代わりに、下腹部や臀部などから脂肪を吸引採取し、法令部、下眼瞼周囲、ほほ、こめかみなどに注入する方法です。
やはり3か月目までは一部吸収され目減りしますが、追加注入により、永久的な効果が得られます。
・ボトックス
筋肉の力を和らげる弱毒化したボツリヌス菌のボツリヌストキシンを注入し、しわを目立たなくする方法です。下眼瞼、眉間、額のしわに汎用します。
効果は大体3か月ぐらいです。
・お顔の「たるみ」の施術のご紹介
・小顔レーザー(メディオスター)
メディオスターの小顔レーザー、きゅっとお顔が引き締まり小顔効果抜群です。
・リードファインリフト
美容針という細い針に特殊な糸が着いたものを、局部麻酔クリームを貼付後、40~80本皮下に埋め込んでゆきます。糸は6か月位で吸収されますが、その周囲にコラーゲンが生成され、自然な引き締め小顔効果が得られます。
施術そのものは30分以下です。腫れや内出血もほとんどないか、ごく軽度です。
315_kao_1
・トータルフェィスリフト
耳の周りを切開し、表情筋に繋がっているたるんだスマス筋膜というものを引き上げ固定し、余剰皮膚を切除する手術です。丁寧に縫合しますので、局部麻酔下で3時間半から4時間位かかります。比較的内出血は少ないですが出る場合は、1週間程度です。腫れも1週間程度のことが多いです。この他、こめかみリフトや、スプリング糸を使用したスレッドリフトも行っています。
・鼻の形成施術のご紹介
・隆鼻(シリコンプロテーゼ、筋膜移植、ヒアルロン酸注入)
鼻筋を通したり、鼻を高くしたい方。一人一人に合わせたシリコンを入れる方法と、手軽にヒアルロン酸を注入する方法とございます。
筋膜移植(ご自分の筋膜使用)も行っております。
局部麻酔下で鼻腔縁を切開し、シリコンプロテーゼという人工軟骨を、鼻骨骨膜下に挿入し鼻を高くする方法です。時間は40分位で、術後数日間はテープ固定を行います。抜糸は7日目で、平均的には内出血、腫れは1種間程度で落ちつきます。
また、自己組織を希望される方には、頭皮下の筋膜移植も行っています。手術はちょっとという方には、ヒアルロン酸注入もあります。
大体3か月位で吸収されます。
非吸収素材は、後日アレルギー反応を起こし、皮膚が溶けたりすることも報告されていますので、使用しておりません。
315_hana_1
・鼻尖縮小
鼻先が丸い団子鼻の方。鼻先を細くすっきりみせます。
両鼻腔縁を局部麻酔下にて切開し、鼻尖部の脂肪を切除し、鼻翼軟骨の大きさを調節し正中部で縫合し、鼻尖部の丸みを改善する方法です。時間は1時間位で、術後は後戻りを防ぐために、ギブス固定を5日間行います。その他の経過は隆鼻に準じます。
・鼻翼縮小
小鼻を小さくし、鼻の穴を目立たなくさせる方法。
あぐらをかいているような小鼻を、局部麻酔下でバランスよくなるように切除する方法です。傷跡は、小鼻の付け根になりますので、ほとんど目立ちません。抜糸は7日目です。時間は1時間位です。
・鼻中隔延長
鼻を長く見せる方法。耳介軟骨を移植します。
・鼻腔縁延長
鼻の穴が上に向いてる方。鼻腔縁の裏側に耳介軟骨を移植します。
ともに鼻を長く見せる方法です。局部麻酔下で、両鼻腔縁切開を行い、鼻中隔延長の場合は鼻柱の軟骨間に耳介軟骨を移植し、鼻腔縁の延長の場合は、鼻腔縁の裏側にポケットを作成し、耳介軟骨を移植します。
耳介は変形を起こさないような部位より、耳の裏側より採取します。
ギブス固定を5日間位行います。鼻尖縮小も併用すると効果が出やすいです。
時間はそれぞれ、1時間半から2時間位です。
・わし鼻けずり
鼻の骨の出っ張った部分(中央部)を削り形を整えます。
鼻骨から軟骨にかけての突出を、局麻下で鼻腔縁切開より削る方法です。
テープ固定を術後数日行います。時間は40分位です。
程度が強い場合は、鼻骨骨切りを行うこともあります。その他、鼻の幅が広い場合は、鼻骨骨切りを行います。
・鼻骨骨切り
硬い鼻骨や軟骨性鼻骨などを削り、鼻をきれいな形に整えます。
・他の形成施術
・たち耳
耳の後ろから切開し、治します。
・口唇縮小
いわゆる「たらこ口びる」と呼ばれるもので、厚い唇を薄くすることができます。
・口唇拡大
厚い唇の悩みもあれば薄くて悩む方もいらっしゃいます。唇を厚くすることができます。
・ガミースマイル
笑った時に歯茎まで見える状態のことをいいます。状態を診ていくつか方法がございますのでご相談ください。

無料ご相談の方はこちら

料金表ページはこちら